カイケツが支持される6つのポイント

カイケツは無料で法人向け保険・企業向け保険を探すお手伝いをしています。その支持される理由とは?

適正費用を提示

お客さまの費用感に合う企業をご案内。

スグに見積もりが集まる

オススメの優良企業にご紹介します。

ピッタリの会社が見つかる

ご要望・ご希望をしっかりヒアリング。

ミスマッチを防ぐ

特徴やポイントを踏まえてご紹介。

営業コンタクトに悩まない

優良企業のみ。不用意な営業を防ぎます。

手間が省ける

おかけする手間はごく僅かでスムーズ。

問い合わせ

お問い合わせ

フォームへ必要事項を記入

企業選定

企業選定

カイケツが厳選した
企業をセレクトします

お見積もり

お見積もり

マッチングした企業から
お見積もりが届きます

カイケツ

法人保険・企業保険先を選定

法人向け保険・企業向け保険を取り扱う企業例

SBI生命保険

アクサ生命保険

日本生命

MS&AD

ジブラルタ生命

朝日生命

オリックス生命

マニュライフ生命

カイケツについて

カイケツカイケツは法人向け保険・企業向け保険探しのマッチングサービスです。
依頼したい条件に合う企業の比較・一括見積・資料請求で、マッチングのお悩みをワンストップで解決します!
「より多く」 「より良く」 「より精度高く」
を掲げ、お客さまに貢献し続けて参ります。

カイケツ 責任者 角前壽一

カイケツは無料で利用できる法人保険・企業保険探しのサービスです

お問い合わせ時によくあるご質問

Q 見積もりや資料請求は無料ですか?
A すべて無料でご利用いただけます。 ご相談のお客様からは、サービス利用料や紹介料などはいただきませんのでご安心ください。

Q 商談の申し込みには費用がかかりますか?
A 無料でご利用になれます。 なお、ご商談申し込み後、企業からお問い合わせのご連絡がございます。 一方的なキャンセルや連絡不着などは、ご遠慮いただいております。

Q 遠方の企業や専門家に依頼することはできますか?
A 企業様のサービス対応地域内であれば、企業や専門家の所在地がお客様から遠方の場合でも、ご依頼いただけます。

お問い合わせ

カイケツは法人向け保険・企業向け保険探しの無料サービスです。依頼したい条件に合う保険の無料相談・資料請求でカイケツします!

お問い合わせフォーム

法人保険・企業保険の選び方や種類

生命保険の中には、法人契約のために開発された企業用の生命保険があります。

法人保険

例えば、「死亡保障をとにかく安く買いたい」場合、個人と同じように安い生命保険を探せばいいのですが、保険料が安くて人気のネット系生命保険会社の場合、法人が契約者となる契約方法でのお申込みを認めておりません。

また、法人の資産形成を目的とした積立性の高い貯蓄型生命保険(例えば、終身保険、養老保険、年金保険など)の場合には「単に運用の良さのみ」だけで判断するのでは無く、「生命保険の経理処理」まで考えて契約しなければ、本当の積立効果が出せない場合もあります。

 さらに法人保険には、国税庁から経理処理に関する数々の通達が出されており、生命保険の設計内容によっては税務上優遇され、特別な経理処理メリットを与えられた法人保険も多数ありますので、法人保険を考える場合に経理処理は切っても切り離せない関係にあるのです。

法人保険のメリット

法人保険には様々なメリットが挙げられますが、まずはじめに、生命保険に加入する目的を明確にしなければなりません。

加入する目的によって、選ぶべき生命保険の種類や設計方法が異なり、効果的に得られるメリットも変わってきます。

◆ 経営者・役員の死亡保障  

経営者に万が一があった場合、会社に資金があれば、事業を継続しやすくなります。

【銀行からの融資の全額返済 + 新体制を組むまでの期間(概ね3ヶ月間程度)に必要な運転資金】の合計を目安に保険金を設定します。一般的に保険料を抑えた掛け捨て型の定期保険(10年定期保険など)が選ばれています。

◆ 社員の死亡時の弔慰金  

社員に万が一のことがあった場合、ご遺族に弔慰金を支給するための原資として加入する生命保険です。

一般的に退職金準備を兼ねた養老保険や、掛捨てで保険料を抑えた1年更新型の団体福祉定期保険が選ばれています。

◆ 役員・社員退職金の準備  

役員退職金の準備には経営者保険と呼ばれる法人保険が選ばれています。創業経営者の場合、会社に対する功績が大きいため、退職金が高額に及ぶことがあります。

経営者保険は文字通り、法人の経営者・役員のみに加入することができ、特例により部長や工場長など、会社の重要ポストの方も加入が可能です。経営者保険は保険料の一部を損金計上でき、現金積み立てよりも効率的に退職金準備が可能です。

法人保険の種類

法人保険の種類としては逓増定期保険、長期平準定期保険、養老保険などが活用されています。

また、場合によっては法人専用のがん保険が活用される場合もありますが、ご加入の年齢によって選ばれる保険種類・保険会社が異なってきます。  

社員の退職金準備では、一般的に養老保険が選ばれています。

社員の万が一に備えた死亡保障(死亡退職金)の準備と定年時の退職金(満期返戻金)の二つを同時に準備可能です。積立効果の高い生命保険ですが、条件が整えば、1/2を損金処理することが可能です。  

このように、法人契約で生命保険に加入する場合に目的によって選ぶ生命保険商品も、生命保険の設計方法も異なってきます。 ですので、生命保険の加入目的を明確にすることがとても重要です。

また、同じ保険種類でも各保険会社が特徴となる特約や設計、得意な年齢帯が変わりますので、ご加入前に多くの保険会社・多くの設計ができる専門的な保険代理店から加入することがベストの保険商品に出合える確率が増すと言えます。

会社の財務体質の強化を考えた法人保険の選び方

 法人保険の中には、税法上優遇処置が取られている生命保険があります。

生命保険を解約した場合の解約返戻金と、会社の決算書に計上すべき保険料積立金を比べた場合、金額にギャップが出てくる生命保険です。このギャップを利用し、決算対策を行いながら会社の内部留保(積立金)を増やします。  

決算時に予定以上の利益を出すことができた場合などに、生命保険に加入し保険料を支払うことで、今期の課税対象額(経常利益)を減らすことで生まれる納税の繰り延べ効果を活用します。

この場合、保険契約の内容や設計方法によっては税務署から認めてもらえない場合もありますので、生命保険の税務取扱いをよく理解している法人保険のプロ営業マンから加入し、顧問税理士の先生とよく相談しながら加入することが重要です。  

このメリットを得るためのプランに使われる生命保険は、税法上1/2損金計上が認められている生命保険を選び、様々な条件がありますので、国税庁から出された通達に従い、税務取扱い規定通りに設計・加入した場合に限ります。

逓増定期保険(1/2損金計上)、法人専用のがん保険(1/2損金計上)、長期平準定期保険(1/2損金計上)、養老保険(1/2損金計上)などです。(税務処理は2013年3月現在)


◆ 逓増定期保険  

定期保険の一種で、死亡保障額が契約時から徐々に増加し、最終的には5倍に成長するタイプの定期保険です。

◆ 法人専用のがん保険

個人向けのがん保険との大きな違いはありませんが、大きな入院保障により、保険料の前払い性を高め、解約返戻金が徐々にたまっていきます。

◆ 長期平準定期保険  

定期保険の一種で、その名が示す通り、98歳、99歳、100歳など長期間死亡保障する定期保険です。

保険料を一定に支払うため、途中経過に大きな解約返戻金が溜まっていきます。

◆ 養老保険  

あらかじめ設定した保険期間を終えると保険期間が終了し、満期保険金を受け取るタイプの生命保険です。

年齢性別により、若干異なりますが、例えば、死亡保険金500万円で保険期間10年とした場合、500万円÷10年=50万円が年間保険料となります。満期保険金は死亡保険金とほぼ同額となります。  

貯蓄性の高い生命保険ですが、ある条件下で契約した場合、1/2損金、全額損金などの経理処理が可能となっています。